透明封筒・透明袋・OPP袋(フィルム・ポリ・ビニール・クリア・プラ等)のご購入なら当社におまかせください!


透明封筒・OPP袋・DM用封筒(フィルム・ポリ・ビニール・クリア・プラ等)のご購入なら当社におまかせください!
代引き、銀行振込み、クレジットカード、コンビニをご利用頂けます。
  • サンプル請求
  • 封筒印刷お見積
お電話でのお問い合わせサンプル請求はこちら TEL&FAX 06-6659-7727

透明封筒 OPP袋 HOME > 封筒・袋について > 印刷の種類

印刷の種類

当社では、各種封筒・透明袋への印刷加工を承っております。
社名や電話番号などを印刷することで、よりお客様の目を引くような封筒ができあがります。
こちらでは、オリジナル封筒を作成するのに、相応しい印刷方法をご紹介いたします。ご注文の際のご参考にしてください。

各種印刷について

印刷方法には、印刷する素材や用途によって様々な種類があります。
以下に各種印刷方法をまとめました。

各種印刷について オフセット印刷 写真凹版(グラビア印刷)

凹版印刷(グラビア印刷)

凹版印刷(グラビア印刷)は、インクを円筒で転写する方法です。
色目に合わせて、あらゆる色を出せることが特徴です。ただ、線数30%以下の調子は出ないため、グラデーションなどが綺麗に出ない場合があります。
グラビア版には、「ダイレクト版」「レーザー版」「ヘリオ(彫刻)版」の3種類があり、それぞれの特徴から、使用可能線数などが異なります。

ダイレクト版
ベタ印刷や100%文字のせなどの場合に使用します。使用可能線数は135線になります。
レーザー版
グラデーションやかけ合わせが必要な場合に使用します。使用可能線数は155線になります。
ヘリオ(彫刻)版
写真の印刷が必要な場合に使用します。使用可能線数は175線になります。
また、使用するインクも「マットインク」「普通インク」の2種類が用意されています。
マットインク
吸収性を持っており、切手やスタンプなどに使用可能。しかし、耐油性が弱く、見た目にざらつきがあります。
普通インク
吸収性がなく、切手やスタンプなどには使用不可。しかし、耐油性は強く、見た目は光沢性があります。

オフセット印刷

オフセット印刷は、深い色目が出にくいといった特徴がありますが、印刷の精度が高く、写真や網、グラデーションが非常に綺麗に出るという利点があります。
また、版代が安く、短納期にも対応できます。

オフセット印刷には、各種版に特徴があり「紙版」「PS版」の2種類が用意されています。

紙版
印刷する文字がのせ文字のみ(100%ベタ)になります。
PS版
写真や網、グラデーションのどれもが印刷できます。